ブログトップ

Different days

華麗なる日々の叙事


by DIESEL2005
プロフィールを見る

最果ての灯台へ行ってきた

卯月某日、今日も快晴カブ日和。

*思えば遠くへ来たもんだ
b0020828_12180108.jpg
b0020828_12180152.jpg
なにやら偉く遠くに来たようなタイトルですが、ここは皆様ご存知佐田岬
朝からカブを飛ばして、ここ三崎港までやって来ました。
いつもの三崎港といえば九州へ旅立つ地ですが、本日は港を越えてその奥へ

*知らない道
b0020828_12192948.jpg
今まで自転車では何回もここまでは来たことはあるのですが、この先は未踏
港の先には四国最西端の灯台があるのですが、ここからが長く、戻って来られる気がしなかったので引き返していたのです。
今回はカブということでガンガン進んでみますよ!ヽ('ヮ'*)ゝ




知らないところへ行くとき独特の高揚感。
アップダウンワインディングしかない道を延々と進みます。
あまりの辺境感に自然と笑みが出てくる。( ・´ー・`)

非常に良いコンディションの道なのですが、自転車で行くとなるとこれはキツイわ…(´-ω-`すっかり一般人感覚

*駐車場に到着
b0020828_12210697.jpg
うん、
パーキングだけでこの最果て感ですわ~。('ω')

さてと、ここからは徒歩で灯台へと向かいます。
密林あり絶景あり岩壁ありとバラエティに富んだハードな道のり。
b0020828_12210689.jpg
b0020828_12210754.jpg
ま、真夏じゃなくて良かった…
自転車に乗らなくなって体力落ちたわ…、
とか思ったけど乗ってる時から歩行は弱かったわ、私。(*'▽')よかた

道中に分岐があり、ちょっと寄り道して展望台方面へ。

*これこれ
b0020828_12234600.jpg
b0020828_12234603.jpg
b0020828_12234713.jpg
これは綺麗に残ってますね。
上にある展望台を囲むように起動敷があって探照灯を移動させていたようです。

*椿山展望台着
b0020828_12243940.jpg
b0020828_12243949.jpg
嗚呼…、これは見事だ…(*´ω`*)

道中散見していたので特筆はしていませんが、佐田岬、だいたい絶景。('-')
その中でもここは別格の展望でした。('-')基地があるだけある

水平線の向こうに見えるのはではなく九州
すごくハッキリ見えるので驚きました。

じゃあいよいよ灯台方面へ降りていこうかな。

べらぼうに海上に突き出した半島なので風が強くて心地よいのですが、降り注ぐ陽光のおかげで暑いのなんの。
上を2枚ほど脱ぎつつ先へ。

灯台は後回しにし、まずはこちらへ。
b0020828_12243956.jpg
b0020828_12261617.jpg
b0020828_12261674.jpg
そう、何を隠そうここにも軍事施設跡があるのです。(*'-')

*なんという秘密基地感
b0020828_12272685.jpg
b0020828_12272682.jpg
もともとある通路を補強して照明を付けてあって明るい、安心。
奥に進むと砲台のレプリカが置いてありました。
b0020828_12292505.jpg
b0020828_12292558.jpg
なかなか真に迫るレプリカであります。(`・ω・´)ゞ
旅順攻略とかに出てきそうであります。
他は割と当時のままっぽいのかな。
b0020828_12310635.jpg

洞窟を出まして次はあちらへ。
b0020828_12310748.jpg

さっきの砲台跡に対しこちらは最近出来た施設。
階段を上ると意匠の凝ったモニュメントが鎮座してます。
b0020828_12320611.jpg
このカニの鋏みたいなオブジェの形、実は秘密がありまして…
オブジェの中に本物の灯台が見れるという洒落たものなのです。(*‘∀‘)

*我ながらベストショット
b0020828_12320625.jpg
これはなかなかステキですネ。(*´▽`*)イイネ

ここも風がすごい。
九州方面を眺め、次の旅など構想しつつクールダウンして戻ります。

*さっきの砲台の場所も見えます
b0020828_12341771.jpg
見事なカモフラージュ
こりゃ海からの発見は無理だわ。(ヾノ・∀・`)ムリムリ

*灯台到着
b0020828_12341733.jpg
灯台に行ってみた…のですが登れると言うわけでもなくて周囲を回って終了。
ここに来るまでの展望台や砲台施設が面白過ぎて、ちょっと拍子抜けのまま灯台は終了。

*灯台案内板
b0020828_12352607.jpg
四国にありながら九州の方が近いとは…('ω')

それじゃあ駐車場まで歩くか…
またあの長く遠い道のりを…(-ω-)

汗だくのヘトヘトで駐車場へ。
もう膝がガクガク。

もう暑いのでそのままカブに乗って風にあたりながら戻ることにする。

あぁ~、こりゃいいわ。
気化冷却最高。(*⁰▿⁰*)
b0020828_12384652.jpg

*既視感溢れる道
b0020828_12384639.jpg
なーんかこの道どこかに似てるな~、どこだったかな~?
ああ、しらすパーク行く時とかの佐田岬の道だわ。('▽')ピーン!

ていうか、ここが佐田岬でした…(゚□゚;



その後国道に合流し、延々378号を走って帰宅。

*さらば佐田岬
b0020828_12384690.jpg
b0020828_12384606.jpg

佐田岬灯台、非常に面白い施設でオススメなのですけど…
駐車場までの道のり灯台までの徒歩ルートのハードさから、
県外からの観光客にはおいそれと勧められない。(゚ω゚
でも九州を目視できるので面白いよ。('▽')

*今回の走行ルート:220㎞
 灯台周辺ルート
b0020828_12401002.jpg


[PR]
Commented by kaku4837 at 2018-04-15 23:02
あらー、カブ日和の遠出日和ですのね(゚∀゚)

西の端っこ佐田岬ですな(たまに佐多岬と勘違いしちゃう)
以前の記事でロードでしらすパーク?で美味しそなもの食べてたトコロよね?

四国の西の果てかー、駐車場から結構歩くんですね。
道中景色抜群みたいですけど案外鬱蒼としてる雰囲気ですね...。確かに夏はアレかもです(^^;

おおー、展望台は見渡す限り「青い海」だー!
島影はもう九州なんだ、尾道から因島ぐらいの感覚かしら。
こんなに身近に感じられるんですね、驚きですΣ(゚Д゚)
やっぱり自分の目で見ないとこーゆーのは分かんないですよね。旅情感たっぷりです。
灯台がすっぽりハマるモニュメントいいですねー。
しまなみの「Mr.shimanami」みたくチョットおっと思わせるの好きです。
(恋人の聖地云々よりよっぽどナイスですわ)

佐田岬って豊予要塞絡みの遺構が結構残ってるんですね、おまけにきちんと整備されてる。
榴弾砲のレプリカ&洞窟式砲台みてみたーい!私、気になります! 写真よく見させてもらうと迷彩跡も残ってそう。
仰る通り、この手の施設があるところは景色もいいんよね。

天気も良かったみたいで最高のカブ日和でしたね(^^)

先程グーグルマップ先生に問い合わせたら、「尾道→佐田岬はなはな」まで200km前後。往復400km程度。
ふーん、日帰できない距離でもないか(おバカ
愛南遠征したとき観光しながらでも1日350kmぐらい行けたし(大バカ
でも歩きがハードなんよね?うーん。

キレイな写真&ためになる情報てんこ盛りな記事でした!
また行ってみたい候補が増えましたよ( ̄ー ̄)
Commented by DIESEL2005 at 2018-04-16 20:13
>かくすけさん
そう、あのしらすパークのあの端っこの岬です。(’▽’)

そう、駐車場から2~30分は歩いた気がします。
つづら折りみたいなアップダウンしか無いような遊歩道を進むのです…

そう、展望台、周囲は海しかない半島なので風も吹き抜けて素晴らしい眺望でしたよー。(*'▽')
そう、モニュメントは一捻りあって実際自分で覗いてみるとなかなか面白いのです。
(恋人の聖地系はなーんか下品な感じがするのよねぇ…)

なーんか四国は端という端に軍遺構がありますよねー。
ここ佐田岬のは九州が見えるという事で、もちろんその間を通る船舶は丸見えなわけでいい立地でした。(*'-')
きっと対岸の九州の佐賀関にもなんかありそうな感じです。

やっぱりツーリングはお天気一番よねー。(*'ω'*)
尾道から日帰り…('ω')
今治からの196号と、下灘前の378号がひたすら平坦ロードですけど、400かぁ…、ちょっと今の私には判断基準がないぞ…('-')
歩きは灯台・砲台・モニュメント見学含めて往復1時間位かなー。
絶景ばかりの所ですが、お時間に余裕があったらぜひどうぞ。(*'-')
by DIESEL2005 | 2018-04-14 19:29 | スーパーカブ・クロスカブ | Comments(2)