ブログトップ

Different days

華麗なる日々の叙事


by DIESEL2005
プロフィールを見る

念願の臥龍山荘を見てきたよ

卯月某日、本日も快晴。
最近はいいお天気が多くていいですなー、というわけで今日も今日とて…

*カブ日和
b0020828_22013018.jpg
今日は国道378号通称夕焼けこやけラインを通り肱川河口まで。
その後、肱川を遡上し大洲冨士山を登って来ました。
ちょうどこの時期はツツジが綺麗なはずなのよねー。( *´艸`)

快走路にて無事着、以前汗だくで登ったトレーニングルート2速の唸りでクリアし山頂駐車場へ。
以前はクリートやら汗だくやらで登るのをためらっていた山頂へ登ってみました。

*藤棚の階段を登って…
b0020828_22013075.jpg





*これは見事な
b0020828_22013037.jpg
大洲城下を一望できる山頂は予想通りツツジが満開です。('▽')
b0020828_22061734.jpg
ぽかぽか陽気の中で大洲市内を眺めながらしばらくのんびり。
華やかに彩られた山頂を一巡りして下山です。

現在時間は冨士山に登ったのにまだお昼前!

これよこれ!
この時間の余裕ったら!(’▽’)

という訳でお次はこちらへ。
b0020828_22061882.jpg
風情ある小路を抜けて到着したのは
b0020828_22081561.jpg
臥龍山荘
ここ、ずっと来てみたかった所だったのです。(*'-')

*入り口からしてこの風情
b0020828_22081553.jpg
入場料は500円です。
受付が臥龍院という建物の玄関なのでまず臥龍院内部を見学。
その後、庭を渡って奥にある不老庵を見て行きます。

*臥龍院
b0020828_22090804.jpg
b0020828_22090861.jpg
うん、渋い。(*'ω'*)銀閣寺的な
室内も庭も非常に好みであります。
しばし、ぼーっと縁側に座って典雅な庭園を眺めておりました。(*´ω`)

b0020828_11173636.jpg
b0020828_22090876.jpg
b0020828_22105715.jpg
静かでいい空間だなぁ、と、次は庭を渡って最奥の庵へ。

*見にくいですが不老庵
b0020828_22114516.jpg
b0020828_22114526.jpg
この建物がまたギミック満載

・崖の上にせり出して建ってるわ、

・冨士山と月の出る位置を計算してるわ、

・極めつけは水面に反射する月光を天井で受けて照明にするわ、

と、凄まじいまでのこだわり満載。∑d(・ω・*)

*くだんの天井
b0020828_22163099.jpg
一度夜の臥龍山荘も見てみたいものですなー。(*´▽`*)
b0020828_22163050.jpg
b0020828_11154056.jpg

私、借景って大好きなのよねー。
京都のどっかの奥の院で1時間くらいぼーっとしてた覚えがあります。(*'-')

ちなみに足元はこんなです…
b0020828_22223936.jpg
b0020828_22223990.jpg
ちょうこわい!
まじこわい!(>_<)
小豆島の展望台並みに恐ろしい縁台だったので退散。

手水鉢の生け花が清々しい。(*‘ω‘ *)
b0020828_22232181.jpg
b0020828_22232175.jpg

臥龍山荘、思ってた以上に素晴らしかった…
大洲観光に来たらここはオススメですよー。ъ( ゚ー^)

*さらば大洲
b0020828_11141759.jpg

大洲を後にし、時間も余裕なので帰路は見知らぬ山道へ突入
自転車だと視覚・嗅覚・聴覚と五感がフルに活用されてるのですが、カブとはいえオートバイになりますと、
エンジン音で聴覚が封じられてしまいます。('ω')
野鳥の声とか風の音とか聞くのが好きだった私にはこの辺はちょっと痛いところです。

自転車に乗ってる時から、どうも見知らぬ山道を一人走っていると笑いが出てくるわたくしめ
今日もにへらにへらしながら走ってたら、道端にねこ発見。

*やぎじゃん!
b0020828_22245055.jpg
うん、近づくにしたがって、

おい、ちょっとでけえな!('ω')

とは思ったのですがまさかのやぎさんでしたか。(*´▽`*)

3匹の子ヤギに別れを告げて山は終了。
とかいいながら最後にもう一山越えて帰った今回のツーリングでした。(・ω<)
b0020828_22245161.jpg
うん、やっぱり時短が出来るというのは気持ちに余裕も出来て良いですなー。('▽')
今回も知らない道を通れちゃったし。
あとほぼ普段着で行ける、汗無しっていうのも観光施設に入れていい感じです。

さて次はGWですが、今年はどうしようかなー。

今回の走行ルート:155km
b0020828_22002815.png


[PR]
Commented by kaku4837 at 2018-04-26 00:19
カブ日和だらけのうーちゃん!

夕やけこやけライン、ツツジが満開ぽいっ!

藤棚の階段、心地よい風を感じられそう、なのです!

...うん、普通にコメントしよう(´・ω・`)

大洲市に行かれたんですねー。
いやー、愛南遠征時の大洲での迷子を思い出しますわ...(汗
あの時は通り過ぎただけだったんですが、こんなナイススポットがあるんですね(゚∀゚)

街を見下ろす景色、いやーツツジ含めでこの時期ならではの光景ですね。むわーんとした暖かさと風が吹き抜けてそうでええねー。

臥龍院。流石の城下町、大洲ならではですねー。
ツツジと対照的で青々とした雰囲気が爽やかでナイスです。
苔むした庭がたまらんねぇ。ここだけ見ると京都の三千院的な落ち着き感。

色々とギミックがあるのねー。
当時の窓からの眺めはどうだったんでしょうね。
今でも充分綺麗ですけど、民家やバイパス?なものがなかったら...水面に反射する月の光も今とは違ってたのかなー、とかとか思いを巡らせるのも楽しい風景ですね。

バイクって時間の計算がしやすい&フラリと出かけやすいってのがメリットですよね。体力の配分気にしなくていいし、そのおかげで気になったところはドンドン入っていけますもんねー。

おまけにヤギさんにも会えるし...。そっかでかいのかー。
んんんん!? 左の白ヤギさんは首輪ついてる?

大洲市。新たな四国の魅力的スポットを知りましたよ。
佐田岬も行きたいなーって、暫くは記事を見させてもらってもやもやした気持ちを発散させていただきます...。

そうそうGWですねー。ですねー。ですねー...。
カブなら時間に余裕を持った計画が立てれるハズ!
よいGWを!


Commented by DIESEL2005 at 2018-04-26 19:06
>かくすけさん
卯月前半、非常に暖かな(暑い?)日々でバンバン走って来ました。('▽')

そう、あのお遍路殺しの道の大洲です…
冨士山で華やかさを堪能した後、臥龍山荘で渋さを味わって参りました。(*'-')
臥龍山荘はずっと来たかったところだったのですが、実際見てみると大変興味深かったです。
庭石、植木の配置一つ一つにまでこだわりがあるようです。
昔の庵から見た風景は、肱川の水量のほどはわかりませんが、水と野っ原と冨士山、くらいだったんでしょうねー。(*'-')

バイク、いいですねー。('▽')
行動域がじわじわ広がっていく感じがたまりません。
私には一般人っぽい格好で行けるのが素晴らしいです。
今回のやぎさんとの出会いも、余裕あってこそのルートチョイスでしたからねー。(*'▽')
やぎさんは3匹おりまして、全部首輪とひもが付いてましたよ。
大洲は他にもレトロな街並みとかもあるのでなかなかにオススメです。
佐田岬は…、アレは…、ちょっと遠すぎて…(゚□゚;
先端まで行くと感動するんですけどね…、道中が…

GW…、あぁ、お気を確かにィ!!
by DIESEL2005 | 2018-04-24 12:40 | スーパーカブ | Comments(2)