ブログトップ

Different days

華麗なる日々の叙事


by DIESEL2005
プロフィールを見る

ベラビスタ スパ & マリーナ 尾道 カブツーリング

*I've been in Shimanami again.
b0020828_17091448.jpg

本日はしまなみ海道大島におりますの。(’▽’)
今日もわたくしの行ってみたかった所シリーズ記事です。

行き先はお楽しみだよ!(’▽’)
っていうかタイトルが行先なんですけどね!

とか写真撮ってたらサイクリストのおじさまに写真を撮ってくれと頼まれました。
2枚ほど橋をバックにパシャリ、
お話したところ、三重から来られた方でどうやら以前HONDAに勤めていたらしい。
わたくしめのカブをみて、

『カブかー、懐かしいなぁ』
『最近はまた国内生産に戻ったね、熊本で』とか、
『中国行く前は鈴鹿で作ってたんだけどね』、とか教えていただきました。('▽')

これから尾道に行くとのことで、お互いお気をつけて~、とお別れ。
まぁ、わたくしめは尾道まではもはや通学路的なものなので淡々とこなす。




大三島のファミマで休憩しようと思って来たら、なんか新しく休憩所が出来てました!(゜o゜;<ふぁみますごい
b0020828_17113276.jpg
ここ、お店の外なので完全にイートアウトだと思いますが、
張り紙ではイートインスペースと主張してありました。
おまけになんかシャワールームまで付いてる凄いキャビンです。
隣には私も以前利用した多々羅キャンプ場もあって使い勝手が良さそうですよ。(*'-')

以前の花見ツーリング伯方島までは来たことがありますが、大三島以北はオートバイでは未踏の地
ワクワクしながら進みます。(*'-')

*あぁ、原付きは道の駅横のいろは坂を登るんだね…
b0020828_17121366.jpg
2速を唸らせながらそんな目新しい思いを抱く。
生口島因島を越え向島へ。
因島上陸の原付道がなかなかナイスでした。

あら、料金所のところに本四高速の人ではなく憲兵さん広島県警の人が!(゜o゜;
ペコリとお辞儀しながら50円投入。
あぁ、そういえば向島はいまhotspotでしたわね…(2018年4月現在)

*物量作戦実施中
b0020828_17121342.jpg
なんか沿岸部を走ってると5分に1度は県警の長い棒をもった一団と出会います
ちなみに帰路は町中だったのですが、そっちはあんまりいませんでした。
向島逆に今、全国一安全な島です。('-')
おかげさまで、わたくしも否応が無く安全運転、30km/h法定速度厳守走行です。

余談ですが広島県警ワゴン車の後ろについて走ってたら、カブ110とでも思われたのか道を譲られる。
わ、わたくし50ccですのよ!
と内心焦るわたくしめ。

その後、えらいクネクネ上り坂にに差し掛かりわたくしめのカブ、自転車並の10km/hに。(゜o゜;
ど、どうしようもないんです~、フルスロットルなんです~;;;( TДT)
気を使って頂いてるのか時速10kmで10mくらい後ろをキープし続ける県警ワゴン車

い、命の危険が無いのにこのプレッシャーァッ!!(;゜○゜)

その後、パトワゴンは前方にいた別の県警集団のところで停車。
な、なまら気を使ったヨゥ!!(*´ω`*)

*向島マリンユースセンター
b0020828_17150696.jpg
ここ、キャンプも出来るので今後のために事前視察に寄ってみました。
b0020828_17150623.jpg
なるほどなるほど。"φ(・ェ・o)~メモメモ

見学後、そのまま向島外周を廻りつつ今日はこちらへ。

*ちょっとマイナー、歌港
ここから対岸の戸崎港へ渡ろうと思います。('▽')
b0020828_17150603.jpg
b0020828_17202482.jpg

ちなみにここにも憲兵さんがおり、島への出入り口はバッチリ検閲されているようです。

歌-戸崎航路、時間運航かと思ってたのに、なんと地元の三津音戸のような渡船システム
時間に関係なく停泊してるフェリーに乗ったら即対岸に運んでくれます。(*'▽')
ちなみに原付230円です。(搭乗者込み)

久々の本土上陸。
目的地まであと少し。
初めて通る道でしたが、ちょっと地味な道でした。

*ここを左折すればゴール
b0020828_17213496.jpg
・・・って左折ってレベルじゃねーぞ!!(;゜○゜)

今まで四国のどんな坂も越えてきた無敵の2速がパワー不足!
秘奥義、1速ものすごい咆哮を上げての登坂をなんとかこなす。

*ベラビスタ スパ & マリーナ 尾道 到着
b0020828_17213411.jpg
そう、ここが本日の目的地のホテル。(*'-')

でも、ホテルといっても私がいつも気軽に泊まっているようなホテルではなく
ブライダル的なあんな感じのホテルです!(゚ω゚一泊うん十万…

ドギマギしながらいつものようにスッとフロントへ。(*'ω'*)

とても可愛らしい3姉妹的な受付横のお嬢さん方に出迎えられました。
ボッチですが、チャペルの見学が可能か聞いてみると、
『外側からになりますけど大丈夫ですよ』
とのこと。('▽')ワーイ

ロビーを抜けて奥の庭に出る際にホテルの方に
『行ってらっしゃいませ』
との丁寧なお言葉をいただく。( ̄Д ̄;
す、すみません~、今回見学だけなのに!!
ちなみに戻って来た時も
『お帰りなさいませ』
と、迎えて頂きました。(゚ω゚;

一人緊張の中、本館を出るとあらウッドデッキ

*・・・・・・。
b0020828_17234939.jpg
こ、これは…(; ・`д・´)…ゴクリ…(`・д´・ ;)

鏡のような水面の瀬戸内海を眼下に従え、眼前180度は遮るもののない空間が広がっています…
デッキ中央には浅い水路が流れており、ラピュタのように奥手に流れ落ちてます。
水路を挟んで左右にソファーが設えてあり、このステキデッキでお茶が出来るようです。( ゚д゚)ポカーン

*水路と海との境目があやふやに
b0020828_17234975.jpg
こ、これは凄い…、というか凄すぎる。
ホテル自体が高台に立地しているので空と海をダイレクトに感じられる只中にシンメトリーなウッドデッキが見事に融和しています。

もう今日はこれでいいんじゃないかな…(*⁰▿⁰*)

この日、午前中は曇りだったのでいまいちコントラストが映えませんが、
青空紺碧の海が揃ったらそれはもう、絵画的なシーンが眼前に広がるんだろうなというシチュエーションでした。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

動揺を抑えつつ先へ。

*ただの通路なのにこのセンス
b0020828_17282536.jpg
b0020828_17282570.jpg
もうわたしの心を鷲掴み♪(*´▽`*)
b0020828_17305346.jpg

センスの塊のようなテラスを越えると目標物が見えてきました。

*これです、今日の目的地
b0020828_17323620.jpg
おいおい、今度はなんか目標物の手前にプールっぽいものがあるぜ…(*´▽`*)ハハ、まさかね…

ゴージャス過ぎる施設に目眩すら覚えますが、目的地の目の前にやって来ました。

*The Ribbon Chapel
b0020828_17323639.jpg
b0020828_17323736.jpg
そう、これ!
これが見たかったのよー。

わっかんないでしょー、この構造。(*'▽')
私も初めて見たとき、ンー?(・・? ってなりました。

この建物の存在を知ったのが3~4年前。
その見事な造形美にいたく感銘を受け、いつか自分の目で見たく思いお慕いし続けておりました。
昨年のしまなみ縦走時に向かおうとしたのですが時間的に厳しく断念したり、との経緯がございました。
その憧れの建物がいま目の前に!!(´;д;`)ウルウル

このリボンチャペル、いわゆる二重螺旋構造で、類似の構造物として古くはさざえ堂というものがございます。
さざえ堂も見てみたいのですけど、ちょっと遠いので行けるかどうかは分かりませんけどね…

じゃ、いよいよ!
いよいよ憧れの建物を見て回りましょう!ヽ('ヮ'*)ゝ

*階段登り口&降り口
b0020828_17373782.jpg
色々考えると訳が分からなくなる形状ですが、歩いてみましょうか!

*左手から登ってみた
b0020828_17373706.jpg
b0020828_17373732.jpg
b0020828_17373616.jpg

あ、ここが頂上ですね。(*'-')
b0020828_17373747.jpg
で、頂点を越えたら…
b0020828_16575369.png
地上だったぜ…('ω')
b0020828_17433814.jpg
写真の左手の階段を登っていきましたが右手の階段から降りて来ちゃいました。
うわー、不思議だわー面白いわー。(*'▽')

式を挙げるときは新郎新婦が左右それぞれから昇って、別々の道を歩んでいた二人が頂点で出会うっぽい!


ステキ!

ロマンティック!!




末永く爆発すればいいのに!!

念願がかないました!ヽ(〃v〃)ノ
これは式を挙げているカップルをぜひ見てみたいものです。

*Goodbye the ribbon chapel
b0020828_17442287.jpg

ベラビスタ スパ & マリーナ 尾道、たいへん、たいへんステキでした!(*´▽`*)
次はぜひ宿泊で来訪し、お料理とかもいただきたいところです。٩( ‘ω’ )و ガンバルぞい
スタッフさんの対応も上質で素晴らしかったです。

*ベラビスタ スパ & マリーナ 尾道


その後は明るい内に帰ろうとする自転車乗りDNAが作動し早々に帰路に。
b0020828_17442186.jpg
そして18時前には無事帰宅。
帰りに買い物もできるし、お土産も買えるし、やっぱりカブいーわ♪(*´▽`*)


追記:
伯方島ドルフィンファームになんかキャンプ場が併設されてたよ!!
b0020828_17442208.jpg
b0020828_17442280.jpg
お値段は不明ですの。(*'-')
お風呂がない伯方島のキャンプ場には興味が薄いようです。

今回の走行ルート:250㎞
b0020828_17462876.jpg

[PR]
Commented by kaku4837 at 2018-04-26 21:21
お、とうとう尾道まで進出したのね!
勝手知ったるしまなみも原付道は新鮮だったでしょ?

よしうみいきいき館のホンダおじさまはきっと
「ベトキャリ&サイドバッグ装備。できるカブ乗りに違いないっ」
って思って声掛けたんだよそーに違いない。

あらファミマが進化してるぞ。
コンビニのイートイン?ってツーリングしてると割と助かりますよね。しかしシャワールームありかぁ。道の駅にもあってもよさそうよね。

あー向島は今大変なんよー(汗
うちの職場で向島から通ってる人いるんだけど、普段の通勤が30分ぐらいなのに2時間ぐらいかかるらしくて(出勤時間帯が酷いみたい)働く前からグロッキー状態になられてますね...。

鬼の2速でも10km/hで警察車両に付かれると悪いことなんにもしてないのにそりゃヘンなプレッシャーがかかるよね(^_^;)デモワラッチャッタ。
いやー、向島は平和な島よ?

マリンユースセンターは体育館や遊具があるから夏休み期間中は結構賑やかな印象ですねー。
誰でもふらりと入れるから、釣りとか近所の人のお散歩コース的な利用?も多いです。
そうそうここの海岸、ニシ貝がたくさん採れるよ!

歌から浦崎に上陸したんだー。渋いルート選択ね。
そうそう、音戸の瀬戸方式よね。反対に船が止まってたら桟橋に出て両手ぶんぶん振ってたらこっち来てくれるシステムです(´ε` )

で最終目的地はベラビスタかー。
ここ昔はベラビスタ境ガ浜って言って、ミニ水族館があったりマリーナがあったりチョットした市場っぽいのとかオシャレな食事処とかあったんよねー。
尾道の若い子たちのデートスポットでしたねぇ(遠い目
それが今じゃ高級リゾートホテルだもの。

地元民なのに初めて館内施設を写真で見させていただきましたよ(汗 
Twitterのさざえ堂の写真見て「どこじゃらほい?」状態だったもん。地元民なのに...。
宿泊はアレにしてもウッドデッキでお茶ぐらいしてみたいものですねぇ。

ドルフィンファーム、あれこれ手広くされてますねぇ。
でも伯方島って案外キャンプ場多いような...?
グランピングかぁ。島にはコテージぐらいでいいんじゃないかなぁ。

今回は250kmですか、結構走りましたねー。
でもほら、自転車で1日200kmは行けるんだからまだまだ行けるよ!(何故か煽る

Commented by DIESEL2005 at 2018-04-26 22:38
>かくすけさん
そう、いよいよしまなみを渡り切り(?)ましたよー。ヽ('ヮ'*)ゝ
原付道、斬新でした!
まさかまだしまなみで迷いが生じるとは思ってませんでした。

そう、向島の出入り口は検問があるっぽいですねー。(゚ω゚;
しかし2時間とは…気の毒に…

ちょうど橋からユースセンターに行く途中のあの坂で後ろに付かれちゃって冷や汗ものでした。('ω')
こんな向島は初めて見たな~。

マリンユースセンター、あーなるほど、公園的雰囲気でしたねー。
へー、ニシ貝がいるんだ…('▽、')

歌港の管理人さんがなかなか面白い人で、警察の人に
「そりゃ眼鏡でもかけて帽子被ったらわからんでー」
という内容を私が写真撮ってる間だけでも3回位説明してて、警察の人も「それさっき聞いた!」とかこっちも何回も笑いながら言ってて微笑ましかったです。(*'-')フフフ

ベラビスタ、さすがよくご存知ですねー。
前はそんなだったのか…水族館とか…
お食事処は坂の下になんかイタリアンがありましたよ、ドン・フェデリーコ。
リボンチャペル、建築に興味がある人にはオススメです!
ただ、ホテルの高級感に耐えねばなりませんけれども…('-')

伯方島は仰る通りオフィシャルキャンプ場だけでも3,4つありますねー。
でも最寄りのお風呂が大三島なのよねー。('ω')
個人的にはキャンプ場という訳ではないのですが、沖浦ビーチが床あり、上屋ありでオススメです。

そうか…、夏だと日が長いから自転車でも200㎞いけるもんなぁ…どこまでいけるかな。(*´▽`*)
by DIESEL2005 | 2018-04-26 18:52 | スーパーカブ・クロスカブ | Comments(2)